消費者金融 審査 通る

審査に通らない理由

消費者金融やカードローンの審査に通らないのは何らかの理由が存在します。その理由を排除することによって、審査に通りキャッシングが可能となります。

最終更新日 2016/8/28
消費者金融一覧

本日の特別融資枠

審査に通らない人必見!審査基準のやさしい消費者金融ランキング一覧表です。

審査基準を徹底攻略

消費者金融で審査に通るために必要な項目は、次の三点に集約されます。第一に年収、第二に現在の借金の額、第三に過去の経歴です。年収に関して言えば、定職に就いていることが絶対条件で、無職の人はほぼ100%審査に通りません。

また、勤続年数が多いほど信用も高くなってくることから、最低でも一年以上の勤続年数が欲しいところです。年収に関しては、100万円程度のパートやアルバイトでも審査に通りますが、その場合は限度額が低く抑えられてしまいます。

300万円以上であれば、限度額も通常に設定されるでしょう。次に重要な項目は、現在の借金の額と過去の金融取引の経歴です。現在の債務の額が年収の三分の一以上あるようならば、総量規制の対象とされてしまいますので、審査に通る可能性は低くなります。

総量規制の対象外の金融会社を探すしか手立てはないでしょう。その場合は、審査は甘くなりますが金利は高くなりますし、もしも支払いが滞るようなことになれば、厳しい取り立てをされてしまうことになりますので、申し込む際は十分な注意が必要です。

審査の甘い消費者金融は存在するか?

前項でも触れましたが、確かに審査の甘い消費者金融キャッシング会社は存在します。但しその場合、審査が甘い代わりに金利は高く、中には法定金利を上回るような暴利の金融会社も存在します。また、毎月の支払いが滞った場合、厳しい取り立てをする金融会社もあります。

そういった情報は2ちゃんねるのような金融掲示板などの口コミ情報を検索すれば、調べられますので参考にされるとよいでしょう。そして一番重要なことは、借入する場合、契約書の隅々まで目を通すように心がけることです。

契約書に記載されていないことが実行されるようならば、法律に訴え出ればよいことです。法律は債務者にとって心強い味方になるはずです。違法な取り立てについても、法に触れるようならば怖がらずに警察や弁護士などに相談されるとよいでしょう。

審査に通るためのコツ

審査に通るためのコツは、自分の状況を正確に把握することです。年収が150万円程度しかないのに、大手の銀行系金融で借りようとしても不可能ですし、過去に自己破産などの経歴があるにもかかわらず中小の消費者金融で審査に通ろうとしても無理なのです。

自分の状況に合致した金融会社を選ぶことが最も重要なことなのです。そこで目安となるのは、現在の借り入れ件数です。借り入れ件数が3件未満であれば、大手の銀行系金融機関で審査に通る可能性はあります。しかし借り入れ件数が4件以上ともなれば大手銀行系のキャッシング会社では審査に通りません。中小の消費者金融をあたりましょう。

また、過去に債務整理をしたことのある方などは、信用調査会社のブラックリストに掲載されていますので、通常の金融会社では借りることが出来ません。貸金業に登録をしていない、いわゆる闇金融などはブラックでも融資が可能ですので、口コミ情報を見て探しましょう。

総量規制対象外

総量規制とは金融機関への法律で、多重債務者を救済する目的で一昨年に施行されました。そこで決められたことは、年収の三分の一以上の融資をしてはいけないことになったのです。年収が300万円の人は、借金が100万円以上は出来ないということです。

今まで多重債務を抱え、複数の金融会社で自転車操業をしていた方などは、致命的な法律といっていいでしょう。また、専業主婦の方なども以前は夫の承諾なしに融資が出来ていましたが、本人の承諾書の提出が義務付けられました。

夫に内緒でお金を借りようとしても不可能になったということです。ただし、銀行系の消費者ローンや複数の債務を一本化するおまとめローンなどは、この総量規制では対象外となります。

主婦 専業主婦でも借りれました

甘い

悪夢のような総量規制でした。今まで借りれていたものが借りれなくなったのですから。中小の消費者金融でさえ主婦への融資をしなくなりました。途方に暮れていたところ、知人の紹介で審査を受けたところが、総量規制対象外のローンです。ここは窓口も人目につかずプライバシーが厳重でしたし、女性専門の係の人が対応されて、非常に話しやすかったです。

事情を説明したところ、総量規制の対象外ローンを紹介されて、審査を受けてみたところ、いとも簡単に審査に通りました。これは主婦や女性には絶対お奨めのローンだと思います。

サラリーマン金融

やさしい

昨年、勤めていた会社をリストラされて転職をしたのですが、どうしてもお金が必要になった借りれる金融機関をあたりました。 しかし、勤続年数がまだ一年未満ということで、なかなか審査に通りませんでした。一度審査で落とされると、トラウマになってしまって、他の消費者金融へ行くことが出来なくなってしまいました。

これではいけないと一念発起し、金融機関の掲示板などを見て下調べをして、審査に通るためのテクニックを身に着けたのです。だいたい自分は信用調査会社のブラック情報にも無関係だし、現在の借金も50万円未満なので、通常であれば審査に通るはずだったのです。今では5件のキャッシング会社から借りることが出来たので、豊かな生活を送っています。

借り入れ件数

金融会社

私にとって一番重要なところは返済方法でした。毎日仕事と育児に追われていますので、なかなか支払い窓口に行くことが出来なかったのが実態で、それがもとで返済が遅れてしまい、取り立ての方が家に来られることも度々ありました。そこで紹介されたのが、ネット銀行で簡単に支払いができる消費者金融会社でした。

インターネット上から3分もあれば支払いができますので、支払いが滞ることもなくなったし、引き落とし にすることも出来ますので、安心です。また、女性専門のレディースキャッシングなどの商品も取り扱っているとのことなので、新規での借り入れを検討しています。

債権と借用書

会社(株式会社)がお金を調達する場合、銀行からお金を借りる方法のほかに、株式と社債のいずれかを発行するという方法があります。このうち、株式は、それを保有しているとその会社に対する出資者(株主)となります。一方、社債は、会社がお金を借りる際に発行する借用書です。

こうした借用書のことを、経済学では広く債権と呼びますが、会社が発行した債券なので社債というわけです(なお、国債は国が発行した債券です)。日本では、社債が取引する市場はあまり整備されておらず、債権といえば国債のことを意味することが多くなっています。


高額バイト